固定ローラー台はトレーニングにいい

アップには固定ローラー台が便利です。

レースにおいてはスタート直後、一気に加速する必要があるため、スタート時にゼロから上げるのでは効率が悪く、出遅れてしまいます。
ですので、スタート前にすでに高負荷な状態を作っておくことで、スタート直後に最高レベルの加速を行えます。

ウォーミングアップが不十分でも脚などの筋肉は大丈夫ですので、パワーを上げることはできますが心肺は上手く機能しません。

 

個人的にはアップ時に最高心拍数の7割ほどまで上げて、そこから5分間9割近くまで回し続けます。
その後、ケイデンス100以上で1分インターバルを挟むのを何回かして、ダウン10分をしてからレースに臨みます。

これをやるのはローラー台に乗ってやるのがとても便利なので、是非とも導入してみましょう。
普通にダッシュをしたとき、急にダッシュし始めた瞬間は心拍数は変わりませんが、10秒ほどダッシュを続けることで最大心拍数へと到達しますが、それと同じことですね

 

ちなみに私は、固定と3本ローラーを使っています。

 

自転車レースのすすめです

何十年もの間、様々なライダーに愛され続ける自転車レースが、JCRCのレースです。

私にはほとんど縁のないレースですが。。
カテゴリーはS、A、B、C、D、E、F、の7段階があり、自分の自転車の状態や実力、体力などに合ったものに気軽に参加することができます。

基本は年間を通して行われるチャンピオンシップ戦、シリーズ戦ですが、スポットの参戦も可能ですので、レースに興味があれば是非参加してみるのも
ありですね。

ただし、JCRCのレースの会場は静岡県修善寺にある日本CSC、もしくは群馬県みなかみ町の群馬CSCのどちらかであることが大半なので、関西や九州、北海道といった方は参加しにくいかも知れませんね。
関東圏のロードバイク愛好家の間では、どこのカテゴリーで参戦しているかが、自らのレベルを伝える物差しになっており、とてもメジャーな大会になっています。
初めてJCRCレースに参加するときは、クラス分けのレースとなり、自分の実力を確かめられる素晴らしい手段です。

まずは練習あるのみですね。